1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<< 2018 September >>
■ LINK
└ Home Sic
└ karf
└ ACTUS
└ Home Sic 小倉店・博多店
└ toneriko
■ Home Sic
■ RSS 1.0
POWERED BY
script : Blogn(ぶろぐん)
skin : park 

「アートギャッベ展」開催中です!
 
12日からつくば店にて開催中の「アートギャッベ200枚展」、たくさんのお客様にご来場いただきありがとうございます!

今回は、いろいろなギャッベの使い方をご紹介します。



家族の集まるリビングは特別な場所。家族みんなで選ぶのも思い出に残ります。
みんなでギャッベの上に集まりながら、食事をしたり、絵本を読んだり、くつろいだり。
ゴロンとしながら一番過ごすリビングにギャッベがあると、きっと愛着もひとしおです。



今度はモダンなリビング。柄のないギャッベをコーディネートするのもカッコいいですよ。
赤は、織子さんたちが特に大切にしている生命の色。
夕方帰ってくる頃、夕日によって染められた大地の赤にホッとすると共に感謝を感じるそうです。



寝室は、一日のはじまりと終わりをむかえる場所。
夜、ギャッベに座ってベッドサイドにもたれかかりながら本を読んだり、眠りの前のくつろぎのひと時をギャッベとともに。
右と左の写真は、同じギャッベの向きを変えてます。印象も全然変わりますね!



お家の顔となる玄関マット。
行ってきますの時に見送ってくれて、ただいまの時には出迎えてくれる存在。
ギャッベならではの自然素材のぬくもりと草木染のやさしい風合いが、疲れて家に帰った時も家族みたいにあたたかく迎えてくれることでしょう。



ギャッベの中でもアート性の高いアートギャッベは壁に飾る方が増えています。
特に多いのが風景画のギャッベを飾るお客様。ペルシアへ旅をする、というのは気軽にはできないかもしれませんが、風景画のギャッベを飾って、椅子に座って眺めているとそこはまるでペルシアの雄大な風景。
しばし時を忘れて、ギャッベを眺めてみるのも良いでしょう。



一枚リビングにお使いのお客様が、今度はダイニングの下にギャッベが敷きたい!と増えている敷き方です。
一家団欒の食卓の場にギャッベがある。想像しただけでほっこりと和んだ食卓になりそうです。ギャッベを敷いたらスリッパをはかないのがおすすめ。
足元にギャッベの柔らかさを感じながら、おいしい食事を楽しみましょう。


サイズも色も様々な「アートギャッベ」
今回ご紹介したギャッベは全て店頭でご覧いただけます。
※一点ものの為、売約されたものに関してはご覧頂けない場合もございます。
みなさんもお気に入りの1枚を探しに来てください!


『アートギャッベ200枚展』
2018年5月12日(土)〜20日(日)
会場:ホームシック スタイルショップつくば店
   茨城県つくば市要300 tel: 029-877-4255
時間:10:30〜19:00(会期中無休)



Style Shop つくば店


| イベント案内 |

  PAGETOP