1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2018 June >>
■ LINK
└ Home Sic
└ karf
└ ACTUS
└ Home Sic 小倉店・博多店
└ toneriko
■ Home Sic
■ RSS 1.0
POWERED BY
script : Blogn(ぶろぐん)
skin : park 

「名作椅子の修復」
 
世界的知名度も高く、家具づくりの歴史も長いデンマークの家具。
この度、お客様からご依頼いただいた修復はその中でも有名な2脚の椅子。
その修復の様子をご紹介いたします。

「3107チェア(セブンチェア)」 デザイナー:アルネ・ヤコブセン

木部に傷みや塗装の剥がれ、座面のウレタンは劣化のためポロポロと崩れてしまう状態でした。



座面の布を剥がし、木部に再塗装を施しました。




木部はブルー布地はグレーに、イメージがガラッと変わりました。

「CH24」 デザイナー:ハンス・J・ウェグナー

フレーム部分の傷みや汚れが目立ち、座面のペーパーコードが切れてしまってます。



ペーパーコードを全て解き、全体を研磨後に再塗装。
その後、ペーパーコードを張り直した状態がこちらです!



この先10年、20年と長くご使用頂けそうな出来栄えになりました。



経年劣化は、名作と呼ばれる様な家具でも必ず起こります。ただし、そのような家具は修理して使い続けられる材料・構造の物が多いのです。名作たる所以ですね。お持ちの家具のリペアからインテリア計画を立てる、そんな選択肢も楽しいのではないでしょうか。

Style Shop つくば店


| メンテナンス・リペア |

  PAGETOP