1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< 2017 August >>
■ LINK
└ Home Sic
└ karf
└ ACTUS
└ Home Sic 小倉店・博多店
└ toneriko
■ Home Sic
■ RSS 1.0
POWERED BY
script : Blogn(ぶろぐん)
skin : park 

HOME SIC FLOWER LIFE NO.10
今回のフラワーライフは、仏像を日本古来の芸術品としてとらえ、日本人が永年守り続けてきた「日本の伝統美・文化・心(思い)」を日常の中にあるグリーンと一緒に合わせてみました。


「阿修羅像 興福寺 国宝」 製作時期:奈良時代
本来阿修羅は古代インド神話の悪神で仏教の敵対者だった。しかし、仏の教えを聞くうちに深く仏教に帰依し、仏法を守護する守護神となる。興福寺の阿修羅は説法を聞き童心に返っていく姿ともされ、その憂いを含んだ一途な表情は、今も見る者の心をとらえて離さない。2009年の春、興福寺創建1300年を記念して開催された「国宝 阿修羅展」は、2ヶ月間で延べ94万人以上もの観客が詰めかけ、会場となった東京国立博物館平成館の過去最高を記録した。
合わせた植物は、憂いの表情にしっとりとアジサイとドウダンつつじ。



「毘沙門天像 願城就院 国宝」 製作時期:鎌倉時代
四天王の頭領の多聞天。独尊で信仰される場合の呼び名が毘沙門天といいます。守護の武人から変化して、いずれ人々に福をもたらす天となっていきました。帝釈天の使者として毎月決まった日に福徳を届けに来てくれるという信仰が、七福神の一尊にも数えられる理由。奥州討伐の成功を祈願する仏像の造立のため運慶は36歳のとき、北条時政によって伊豆に招かれ、そこでつくり上げたのがこの毘沙門天像。武士の好みに合わせた猛々しい姿に仕上がっています。
外で育てているトクサとワイヤープランツを立体的にフレームを使って力強さを出したアレンジ。




「弥勒菩薩半跏像 広隆寺 国宝」 製作時期:鎌倉時代
釈迦如来が入滅後、56億7000万年後にようやく釈迦に代わって衆生を救済するのがこの弥勒菩薩。「半跏思惟像」とも呼ばれ、如来になった際に衆生の救済方法を考えているお姿と言われています。現在は赤松の美しい木肌を見せる弥勒菩薩半跏像作られた当初は金箔に覆われていた。釈迦が入滅して約2500年、まだまだ先のことを思案中の弥勒様・・・
お店で生花からドライフラワーになったキングプロテアを合わせました。



気が付くと集合していました(笑)
リサラーソンの動物達とも相性ばっちりで癒し効果は倍増です。


「菩薩半跏像 中尊寺 国宝」 製作時期:飛鳥時代
現存する日本最古の尼寺・中尊寺のご本尊。当初は弥勒菩薩と呼ばれていましたが研究の結果、今では如意輪観音と呼ばれています。優美な微笑みはアルカイックスマイルの典型と言われ、世界3大微笑で有名です。いくつかの木材を組み合わせた木彫の仏像としては世界最古。
合わせたのはフィルムロール・キャンドルスタンドとコルジリネパープル。後ろのフィルムロールを曼荼羅にキャンドルスタンドを脇侍に見立ててみました。




 今回は、「受け継がれる美とともに暮らす、新たな価値感をプラスする」をコンセプトにされている、イSムさんの仏像を紹介させて頂きました。「イSム(いすむ)」とは、仏の中にS(スピリッツ:日本の魂)を抱くというブランドロゴです。尚、取り扱いはつくば店のみとなります。
仏像を眺めていると、心の中を見透かされ悩みを吸い取ってくれるような気がします。今年も半年があっという間に過ぎてしまいました。夏の始まりに、少し弱った体と心を仏像とボタニカルパワーで癒して、ゆっくりしませんか?

企画室  野崎直美


| Home Sic 流 Flower Life |
HOME SIC FLOWER LIFE NO.9
暑中お見舞い申し上げます。
かなり久しぶりのフラワーライフです。
今回から、縮小してリ・スタートします。



この食欲の落ちる季節に、『ケールの踊り食い』はいかがでしょうか?
わんこケールも可能ですが、終わり方が思いつきませんでした(笑)







今年の夏におすすめがもう一つ、『アメリカン・ポップ・アート展』です。
ポップアートの「モナリザ」とも称される、アンディ・ウォーホールの
最高傑作「200個のキャンベル・スープ缶」が日本初上陸するそうです。
東京・六本木の国立新美術館にて8月7日から10月21日まで開催されますので
夏休みの予定にくわえてみてはいかがでしょうか?





夏にカレーが食べたくなる様に、真夏のポップアート・・・たぶん癖になると思います。



これからも暑い日が続きますが、皆様お体大事にお過ごし下さい。



企画室  野崎直美


| Home Sic 流 Flower Life |
HOME SIC FLOWER LIFE NO.8
2012年新しい年がスタートしました。今回は、新しい自分に出会えることを願い、夢や目標に花やグリーンを添えてみました。





サボテンは、環境や育て方で花が咲かないことも多いので、ひびのこづえさんの指輪とネックレスを分解してサボテンに気づかれない様にそーっとのせました。10の意味はつくば店、店長の目標減量キロ数です!





『自灯明法灯明』は、自分とその信じるものをよりどころとして生きるという意味の禅語で、依頼心を捨てることの大切さも教えている言葉です。目標をテーブルの上にのせてじっくり鑑賞。合わせたのはシンプルにコケ梅とチューリップ。ガラスの器は全部見えるので植物の足元も気を抜かずに入れます。





このポスターは2008年にはじまった MAKE THE RULE キャンペーンのものです。世界的に地球温暖化の対策が求められてる今、ひとりひとりが声をあげることで大きな流れをつくり、政治を動かしこの国に新しいルール(法律)が作られることを目指したキャンペーン。政治的情勢をふまえて2011年3月末で2年半の役割を終えて次のステップへ進んでいます。合わせたのはサンドブラストしたマンザニータ・レッドリボン・エアプランツ・ドライのアジサイ。自然がこうなって終わらない様に・・・。





そんなに見つめられたら・・・WWF(世界約100カ国で活動している環境保全団体)年会費以外に寄付!!





キャビネットの上を現代の床の間と考えて、2012年家族の目標を決めてインテリアの中に組み込んでみる。選んだ言葉は、『歩歩是道場』こちらも禅語で素直な心さえあればどこでも学びの場になるという意味。合わせたグリーンはパテント品種のフィカスベンジャミナバロック。



自分の夢や目標が、個人の夢や目標という次元を超えて一人でも多くの人に何か感動を与えたい。喜んでもらいたい。役に立ちたい。という志に進化していけば、バージョンアップした自分に出会えそうですよね。それでは、新しい自分に出会う一歩を踏み出して、素敵な一年をお過ごし下さい。2012年皆様にたくさんの幸せを訪れることを心から祈っています。



書:ひたちなか店 仲山 恵
ディレクション:野崎 直美


| Home Sic 流 Flower Life |
Home Sic 流 Flower Life vol.7
2011年初めての Flower Life は、
2月19日から開催する「2are3」展に合わせて木工作家、丹羽望(にわのぞみ)さんの作品をご紹介させて頂きます。
私にとって、丹羽さんの作品はどれも一緒に暮らしたいと思えるものばかり、デザインの美しさと木の質感そして温かさを感じて下さい。





テーブルの上にあるのが『walnut tray』。デンマークの古い陶器と合わせて贅沢にテーブルランナーとして使用。





オブジェのような『KAY9』時計をバックに啓翁桜を『tumiki』フラワーベースに入れました。





『1rinzasi』はランや個性の強い花を入れてもよく見えるフラワーベース。
『3rinzasi』には、ドライフラワーでも楽しめる植物をセレクト、ドライになっていく過程も楽しめます。





『divide』は色々な置き方が楽しめるフラワーベース、今回は形が面白くて色もきれいなアスパラメリーを入れてみました。





オリーブの実とイチゴに集まるトリ達の図。フラワーベースは『2輪挿し』『野花挿し』です。



今回のブログでは、2月19日から3月21日までの「2are3」展に出品される作品のほんの一部を紹介させていただきました。期間中皆様のご来店を心よりお待ちしております。



ディレクション:野崎 直美


| Home Sic 流 Flower Life |
Home Sic 流 Flower Life vol.6
ようやく秋らしくなってきました。
芸術の秋ということで・・・アーティストは時代の表現者などと言われたりしますが、お気に入りのART作品に花やグリーンをプラスしてひとりひとりの2010年秋を表現してみませんか。




材料:Jackson Pollock Frame(¥26,592)、Jielde Desk Lamp(¥33,600)、フラワーベース(¥8,400)、雲竜柳/アンスリューム花・葉/クルクマバゴダ

ポロックの生み出した絵画技法「ポアリング」の線と、自然が作り出すうねりを重ね合わせるようにいけました。
ポロックの激しくて短い人生は映画にもなっていますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい。「ポッロク二人だけのアトリエ」




材料:「HANAHANA」W920 D250 H1600(¥205,800)、シキミア/ピンクッション/ビバーナム/カリフォルニアライラック/モカラ黄/サンデリアーナ/アンスリューム/カサブランカ/クレマチス/ハス/ホヤ・カルノーサ/モカラ赤/フーセンカズラ/バリバコトロピックビューティ/アルストロメリア/ケイトウ/アジサイ/パーゼリア/ネリネ

「建築のノーベル賞」とも言われる2010年のプリツカー建築賞を受賞した妹島和世さんのデザイン。
名前は「HANAHANA」オブジェ兼フラワベースに、19種類のお花やグリーンを入れました。
これひとつで空間がとても華やかになります。特別な日の彩りにいかがでしょうか。




材料:OWL PENDULUM CLOCK(15,225)、MATISSE Frame(¥28,035)、Pharos lamp(¥13,440)、ロウア柿/紫式部/ファウンテングラス、フラワーベース(私物)

マティスの大きな木を中心にふくろうの時計と秋を感じる植物をいけて、
秋をのんびり満喫。長すぎた夏の疲れを癒して下さい。




材料:PLATO(¥5,880)、トリ(¥18,900)、オリーブ/グリーンネックレス

ルワンダから届いた美しい伝統工芸品「PLATO」。
プラトは食材を保存する容器として使用したり、壁に飾る掛物として使われています。
1994年にルワンダで起こったジェノサイド。残された女性たちがその被害から自立しようと伝統工芸であるバスケット編みを復活させました。そのことから平和構築の象徴として「ピースバスケット」とも呼ばれています。
合わせた植物はオリーブで花言葉は「平和」、鳥の首にはグリーンネックレスを花言葉は「豊富」、かごを作ってくれたルワンダの女性たちと自分の大切な人達に沢山の幸せが訪れるように想いながら飾りました。



何にも還元されないものに心癒されることありますよね。そんな心の糧と
季節の花やお気に入りのグリーンの組み合わせを楽しんでみて下さい。


ディレクション:野崎 直美

| Home Sic 流 Flower Life |

  PAGETOP  BACK>>